既卒、ニートからの一発逆転!転職エージェント徹底活用術

今すぐ使える転職ノウハウや転職エージェントの選び方と賢い使い方を紹介

転職エージェントの選び方と種類

リクルートエージェントやDODA(デューダ)等、有名な転職エージェント企業がありますがどのエージェントをパートナーとして選べばよいでしょうか。

ここでは転職エージェント企業の特徴や選び方のコツを解説していきます

転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方についてですが、実はそんなに難しくありません。
なぜなら、一つに絞って登録する必要が無いからです!

受けられるサービスの質やキャリアドバイザーの能力に関してはどの転職エージェントかではなくどの担当者に当たるかの部分が大きいです。
人と人とが関わる以上、お互いの相性というものが一番重要ですのでとにかく数を打つことが重要です。

また、キャリアアドバイザーがあなたをどのように評価するかというのも担当者によって十人十色です。あなたのキャリアやパーソナリティに対しての評価も担当者によってはまちまちです。

例えば、あなたのことを「できない人」と評価をする担当者に当たった場合は出される求人の質が下がり、望まぬ選択肢を提示されることも考えられます。逆に、あなたを評価している担当者であればより高水準の求人案件を出してきてくれるということもあり得ます。

複数の転職エージェントを利用することで、サービスやあなたに対する評価の違いに気付くことも出来ます。

また、登録してみると分かることですがそれほど頻繁に連絡があるわけではないので登録数を増やすことで活動の負担になったり、連絡が煩わしくなるということはあまりないでしょう。むしろ、求人案件を何件か紹介してもらった後に間隔が空いて手持ち無沙汰になってしまうこともあります。こういったタイムロスを極力無くすという意味でも複数登録して同時進行することをお薦めしています。

なので、時間を掛けてあれこれ悩むよりは、深く考えず「とりあえず登録してみよう」ぐらいの軽い気持ちで構いませんのでまずは多めに登録してみて、実際に会って面談をしていく中で相性の良いエージェントを見つけていくことをお薦めします。

転職エージェントの種類

転職エージェントは複数登録することをお薦めしていますがやみくもに登録するより何かしらの指標があったほうがわかりやすいですよね。

転職エージェントは大きく分けて2種類に分類されます。

・幅広い求人を扱う総合型転職エージェント

・職種に特化した特化型エージェント

どちらも転職支援を受けるということには変わりはありませんが、取り扱っている求人の数や情報量に差があります。
総合型、特化型それぞれに強みや弱みがあるので自分の転職活動の方向性に合わせて使い分けるのが良いでしょう。

総合型のエージェントは大手のエージェント企業が多く、幅広い業界、業種の求人を取り扱っています。また、大手企業ということで優秀なキャリアアドバイザーが多く在籍しています。現在とは異なる業種への転職を希望している人や転職の方向性が定まっていない人は、まずは総合型の転職エージェントに登録してみるのが良いでしょう。

専門的な業界、業種への転職を希望している、既に転職したい業界が明確な場合は特化型の転職エージェントに登録することをオススメします。

特化型のエージェントはあまり名前を見かけない企業が多いですが、その分野での専門性が高いので総合型のエージェントでは見つからないような求人を見つけることが可能です。
また、業界の知識が豊富なキャリアアドバイザーが多いので細かい質問や要望にも応えてもらうことができることができます。

総合型、特化型と2つのエージェントの特徴をお伝えしましたが必ずしもどちらかに絞る必要はありません。

どちらにもメリットがありますので、複数のエージェントを目的に応じて利用することをお薦めします。

公開日:
最終更新日:2015/10/28