既卒、ニートからの一発逆転!転職エージェント徹底活用術

今すぐ使える転職ノウハウや転職エージェントの選び方と賢い使い方を紹介

登録ができないこともある!?

      2015/10/28

転職エージェントは無料で利用でき、気軽に扱えるという点で沢山のメリットがありますが残念ながらすべての人に門戸が開かれているわけではありません。

あなたの年齢やキャリアによっては登録後に「紹介できる求人案件がありません」というメールが来てサービスを利用できない可能性もあります。

 

登録を断られる主な理由として以下のことが考えられます。

・転職回数が多い、もしくは職歴が短い

・年齢相応のキャリアを積み重ねていない

・転職エージェントの不得意分野または対象外の職種である場合

 

転職エージェントのような民間企業では当然利益を考えなければなりません。ここでいう利益とは登録者に企業を紹介し、企業から得られる報酬のことです。

したがって、自身のキャリアに関しての問題で登録を断られた場合、転職エージェント側から見て企業に紹介しづらい、すなわち売上に結びつかない人と判断されてしまっているということです。

また、転職を希望する業界、業種が転職エージェントの求人紹介の対象外である場合もあります。転職エージェントが取り扱っている求人案件の殆どが所謂ホワイトカラーの職種です。医師や看護師、美容師などの専門職や職人系の求人は対象外です。

 

登録出来ない場合はどうするの?

 

転職エージェント企業と転職希望者との間にも相性や、エージェント企業の得意分野などがあり、単純にあなたの能力が劣っているからというわけではないかもしれません。

登録を断られたからといって気を落とさず複数のエージェントに登録をしてみることをおすすめします。

何件も登録を試みてもすべて登録を断られてしまった場合、厳しい言い方をすると転職市場において自身のキャリアが最低限のレベルに達していないという事になります。

ですので、そういった場合は転職自体を考えなおすか、年収や労働環境をある程度妥協するなどの理想をある程度下げる必要があるでしょう。

何事にも段階というものがありますので、仕事への取り組み方を変えるとかスキルを身につけるなど自分の価値を上げることでより転職成功への道が開けてくるでしょう。

 

それでも転職したい!

転職エージェントに登録出来なかったけど、転職をどうしても諦められない方はハローワークを活用してみるのも良いでしょう。転職エージェントほどの手厚い支援を受けることは難しいですが、職業相談や面接対策を受けることも可能です。

ハローワークとは、厚生労働省が設置している行政機関であり正式名称を「公共職業安定所」といいます。人材の紹介だけでなく、雇用保険手続きや職業訓練等の幅広いサービスを提供しています。

ハローワークのメリット

ハローワークのメリットとして、民間企業の転職エージェントや転職サイトと違い企業が求人募集にかかる費用が0であるため採用に対するリスクが低いということが挙げられます。つまり、採用に掛かるコスト(求人の掲載料など)が掛からない分、採用にコストを掛けることが出来ない中小企業の求人に応募できることもあります。

また、採用コストが低いため転職エージェントを経由して応募してくる応募者よりも採用の基準が低くなる傾向にあります。

どうしても転職エージェントを経由した場合、ある程度コストを掛けて採用するということでキャリアやスキルをかなり重視する傾向にありますがハローワークでは未経験でも応募できる求人があるので異業種への転職に適しているといえます。

 

ハローワークのデメリット

採用にかかるコストが0という点はメリットでもありますがデメリットになることもあります。基本的にハローワークに求人広告を出している企業は、採用に掛ける経費がない場合が多く待遇面が充実していない企業が多いというのが現実です。

ですので、待遇面での改善を目的に転職される方は可能であれば民間の転職サービスを利用することをおすすめします。

なので、できることならハローワークは最後の手段として検討しておくことをおすすめします。

 - 転職エージェント